FC2ブログ

戦慄の初体験談

かつて過去にセノーテの魅力をお伝えしました(↓)。
http://mexico32.blog111.fc2.com/blog-entry-74.html

今回は、そんな浮かれ小僧に対して後に当たった天罰のお話です。

それは記事中にも少し触れてましたが「40度近い熱と腹痛のおみやげ」。

そうメキシコでおなじみ、食中毒です。

普通(?)の食中毒ならば、まぁ一週間もすれば回復に向かって
兆候が出てくるはずなのに、今回は一向に回復の兆しなし!

さすがにこれはたまらん!ということで医者に向かうと、
「ここ2週間くらいの間に、結構な海の水とか飲みませんでした?」

ビンゴ!めっちゃ飲みました!
コウモリの糞が混ざった洞窟の水です。

「あぁ、やっぱり。これはね寄生虫が原因よ。」

ふぅ、ともかく原因はわかった訳だしお薬もらって寝るか、、、

って、ちょっと待てぇぇぇい!
寄生虫?(´゚д゚`)

migi.jpg

こいつっ?こいつなのかぁぁぁ!!

と、慌てふためく自分に、お医者様は優しくとは言えず、
淡々と説明してくれたのです。

・口からが侵入経路
・胃の粘膜を食い散らかす(腹痛の原因)
・一度入ると自然治癒は無理なので薬で退治する

こんな困ったちゃんの名前「らんぶるべんもうちゅう」というらしい・・・

初めて聞いた時は?だったが、後で漢字調べて戦慄。

ランブル鞭毛虫

絶対触手みたいなの持ってるよね、こいつ?
で、後で写真調べて更に戦慄。

Giardia_lamblia_SEM_8698_lores.jpg

いや、もう地球の生物ちゃうやん、これ(´゚д゚`)
てゆうか、やっぱ持ってたね、触手!

お薬はきっちり飲みました。腹痛はすぐ治まりました。
さようなら、ランブル( ´ ▽ ` )ノ

さすがに二度目はいりません、いやマヂで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。