FC2ブログ

メキシコ着

さて、長かった道のりもようやく峠を越え、最終目的地メキシコシティへ向かいます。

大型ジェット機から小型ジェット機へ。右側二人、左側二人で真ん中をスッチーさんが
歩く程度なんで本当に小さかったです。

そしてよく揺れるんだな、これが…。

どっちかというと乗り物に弱い私は完全にグロッキーでした。
それでもツーリストカード記入しなければと思い(現地でアタフタしたくなかったので)
旅行会社からもらった見本(日本語訳記入済)をもとに記入しようとすると…

あれれ?!見本とかなり内容ちゃうやん!!

そう、後日しったのですが、今年の4~5月にかけてカードのフォームが変更になったそうで。
なんちゅうタイミングで変えてくれてんねん、ワレ。
周りの人が記入を終えてドリンク飲んだり眠ったりしてる中、イエローモンキーは一人黙々と
電子辞書片手にツーリストカードの翻訳に勤しむのでした。

もう本当に何もかもがウダウダ。

翻訳も終えてホッと一息つけばもう着陸体勢に入っておりあっちゅう間でした、ダラス⇔メキシコ。
あぁ、ここさえ乗り切れば顔見知りで現地赴任中のNさん夫妻が出迎えてくれる、
その支えだけで荷物を両手に最終荷物検査ゲートへ向かいます。

ここのルールは簡単。順番に荷物検査を受け、ボタンを押して
緑ランプが点けばスルー。赤ランプが点けば、荷物全部開いてチェックされ、金目の物は(検査官によっては)取られる。
緑と赤の点く確率はランダムというロシアンルーレットです。

いざ押します…

はい、赤点灯。

うん、そんなこったろうと思ってたよ。
まぁ、チェック自体はザルで何も取られなかったから良かったです。

そして曇りガラスの自動ドアを開ければ、

笑顔で手を振ってくれているN夫妻!!
満面の笑みで答えます( ´∀`)ノ゛

無事会えた後は、これまでの経緯を話しつつ、ホテルまで送ってもらい、一緒に晩飯を食べることに。
ただ、晩飯まで時間があったので夜7時に再度ホテルロビーで待ち合わせをし部屋に入る。
期待はしてなかったですが、とてもキレイでした(↓ホテルの部屋)

NEC_0023.jpg
無事今日のゴールまで辿り着いたので、約束の時間を1.5時間も寝過ごしたのは言うまでもありません。

でも、この時はまだ自分がとんでもない間違いを犯していることに気づいていなかったのです…。

…続く。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長旅お疲れ!!

めちゃ続きが気になる(*´д`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。